個人間融資掲示板サイト

個人間融資 男女の一線を超えるとはどこから(4)

今回の記事は「個人間融資 男女の一線を超えるとはどこから」です。

▼蜜月関係が始まった途端、彼女が束縛を始めた

確かに性交渉の最中、彼女は「いやっ」などと反応することがありましたが、竣太さんの耳にはそれは極めて官能的なものに聞こえたのです。本当に「嫌」なら、こんな声色ではないはずだ、と。竣太さんはきちんと避妊具を使用しました。その後、彼女が起き上がる気配がなかったので、ホテル備え付けのパジャマを着せてあげたそうです。彼女と一緒に眠りについた竣太さんは、そのまま同じベッドの上で朝を迎えたのです。

このように竣太さんと彼女は最後の一線を越えて、心だけでなく体も結びつき、2人の関係はすべてが良い方向へ進んでいるかのように思えました。しかし、蜜月関係に突入した途端、彼女にある変化が起こりました。突然、まるで人が変わったかのように竣太さんを束縛し始めたのです。

次の記事に続きます。

個人間融資 男女の一線を超えるとはどこから(3)

今回の記事は「個人間融資 男女の一線を超えるとはどこから」です。

34歳 年収500万 メーカー社員の男性が「落ちた穴」

ちょうど翌月は彼女の誕生日。竣太さんは彼女の了承を得た上で、当日はホテルで一緒に過ごそうとワンランク上の部屋を予約したのです。ホテルという密室に2人きりで入るのだから当然、「彼女もそのつもり(性交渉をするつもり)に違いない」と竣太さんは決め付けていたようです。

年収約500万円の会社員である竣太さんにとって1泊5万円の部屋はあきらかに身分不相応。ホテル代だけで財布の中身がカツカツゆえ、ディナーはケチって格安のイタリアンバルに。そこで飲んだ安物のワインがいけなかったのでしょうか。彼女はお酒が強いほうでしたが、当日は千鳥足状態。左右に揺れる彼女を支えながら、ゆっくりと歩みを進めることで何とかホテルに到着したそうです。彼女はいったん部屋のベッドに腰をかけたのですが、背もたれがないので、そのまま座り続けることはできず、すぐにバタンと寝転んでしまった。

竣太さんはそれほど酔っていませんでした。そばには静かに寝息をたて横たわる女性がいる。自然に胸が高鳴ります。もちろん初めての経験ではありませんが、緊張します。彼女の様子を気遣いながらも、ゆっくりと彼女の美しい髪の毛をなで、体に触れました。

ハグ、キス……と接触の度合いを大きくする際、竣太さんはその都度「いい?」「平気?」「大丈夫?」と投げかけて彼女の反応を確認することはしませんでした。ただし、彼女も露骨に抵抗しなかったので、OKしてくれているという前提で事を前に進めたのです。

次の記事に続きます。

個人間融資 男女の一線を超えるとはどこから(2)

今回の記事は「個人間融資 男女の一線を超えるとはどこから」です。

▼婚活パーティーで32歳・商社の派遣社員と意気投合

写真はイメージです
竣太さんは婚活パーティーで意気投合した彼女(32歳・商社の派遣社員)とハロウィーン・ディズニー、海岸ドライブ、そして夜景ディナーと3回のデートを重ね、順調に愛を育んでいるように思えたのです。

竣太さんは、シャイな性格で気持ちを表に出すのが苦手なタイプ。そのため、自分から「好きです。付き合おう」とアプローチし、それに対して彼女が「はい」とレスポンスする場面はなかったそうです。とはいえ、そもそも2人が知り合ったのは婚活パーティーで、交際前提の男女が集まってくるイベントなのだから、少なくとも竣太さんは「男女の仲」だと思い込んでいたそうです。

次の記事に続きます。

個人間融資 男女の一線を超えるとはどこから(1)

今回の記事は「個人間融資 男女の一線を超えるとはどこから」です。

恋愛、結婚、離婚、再婚、婚活、浮気、不倫……。世は変われども、男と女のいさかいが尽きることはありません。行政書士で男女問題研究家の露木幸彦氏のもとには、日々、そんな泥沼状態から抜け出さんと多くの相談者がやってくる。その痛切なトラブルエピソードをシェアし、ぜひ他山の石、もしくは人の振りみてわが振り直していただきたい。

婚活で出会った相手が豹変して「地獄の沙汰」

夏本番です。

まぶしい太陽に目を細めると、嫌でも男性の目に飛び込んでくるもの。それは、ノースリーブ、キャミソール、ミニスカートといった夏の装いの女性たち、という男性もいるでしょう。より魅力的に映る女性たちに引き寄せられるのは男性としてある意味健全であり自然なことかもしれません。

しかし、ちょっと待ってください。この時期、男女問題研究家で行政書士の私にさまざまな相談が寄せられるのですが、とりわけ男性の“立ち居振る舞い”が悲劇を招く案件が急増するのです。

危険な落とし穴はいたるところにあります。屋上のビアガーデン、河辺のバーベキュー、そして海辺の海の家……。今までは女性に声をかけて親密な関係を築くことも少なくなかったでしょう。しかし、近年は「一夜限りの関係」のリスクが急上昇しています。

ある夏、偶然出会った2人。会話を交わし深い関係になる。何の問題もないように見えても、日にちがたち冷静になって振り返ってみると、その出来事の意味は男性と女性とでは正反対ということはしばしば起きます。今回は、そんな一度限りの関わりをきっかけに始まった女性との交際を「悔いても悔い切れない」という相談者、都内在住のメーカー社員(営業)、伊藤竣太さん(仮名・34歳)のケースを紹介しましょう。

次の記事に続きます。

個人間融資 経営の参謀で蘇るダメ社員(3)

今回の記事は「個人間融資 経営の参謀で蘇るダメ社員」です。

ダメ会社を脱却する、4つのポイント

(1)まず、作業と仕事の違いを認識させる
いつも同じ手順と方法で進め、決められた結果を出すのが「作業」。創意工夫し、絶えず新たな方法を考えながら結果を出すのが「仕事」だということを、強く認識させる。「作業」と「仕事」の違いについて、その概念が理解されたら、次は行動させ(させてみる)、気づかせ(わからせ)、できるようにさせ、いつもそうする(習慣化)ようにする。

(2)創造的思考法を身につけさせる
学力が高い人ほど、「問題を分析し」「仮説を立て」「アクションプランを策定して実行する」垂直型発想(これをバーティカル・マーケティングと呼ぶ)が得意だ。だが、この発想法では既存の枠を超えた着想ができないことがある。そこで必要になるのが、水平思考の発想(これをラテラル・マーケティングと呼ぶ)だ。

水平思考の発想とは、まず対象(製品やパッケージ、ブランドなどの課題)を決め、次に「代用(何か代わりにならないか?)」「結合(ほかの要素を加えられないか?)」「逆転(逆の意味を持たせられないか?)」「除去(デメリットをなくせないか?)」「強調(メリットをより強力にアピールできないか?)」「並べ替え(順番を替えられないか?)」という視点で考えることだ。こうした発想法を実践することで、論理的発想から脱却できるように取り組む。

(3)会議の目的を明確にする
「情報を共有化するだけの会議」や「担当者の責任回避のための会議」は止め、創造的に仕事を進め、仕事の取り組み方に盲点がないかを確認するプロジェクト単位のミーティングに変える。ミーティングが必要な場合には、2人か数人といった小規模のミーティングを短時間で行うといい。ミーティングや会議の冒頭には、「このミーティングの目的は何か」「このミーティングで何を決める必要があるのか」を宣言しておく。目的が明確でなく、結論が出ない打ち合わせは、時間の無駄遣いだ。

(4)プロジェクトリーダーに決定権を委ねる
経営者や役員など幹部は、企業のミッション・理念・事業コンセプトや企業文化をスタッフ全員に十分理解させたうえで、創造的な仕事はプロジェクトリーダーに決定権を委ねたい。役員や上司の許可が得られないと仕事が進まないような組織では、時代のスピードについていけなくなる。

企業のミッション・理念・事業コンセプトとは、自社が大事にしている企業文化や広告などの表現方法、企業や商品を表現する文章の品格や品性、デザイン性なども含まれる。幹部と社員との間に、共通する概念と認識があれば、企画の内容が大きく外れることはない。

今回の記事はこれで終了となります。

個人間融資 経営の参謀で蘇るダメ社員(2)

今回の記事は「個人間融資 経営の参謀で蘇るダメ社員」です。

思った成果が出ない、ダメ会社の特徴

(1)手順を教わる人が多い
仕事にも「正解」や「方法論」があると思い込み、答えや手順を教えてもらおうとする人がいる。上司が手順を教えると、本人は仕事ができたと勘違いする。こうした仕事のやり取りが続くと、自分で考えなくなり、毎回、他人に手順を仰ぐため、いつまでも自立できない。こうした人の決まり文句は、「やり方を教えてもらっていないから、できません」だ。

(2)大勢の会議でアイデアを出そうとする
決まった手順でしか仕事ができない人は、多面的な見方ができず、創造的な発想が苦手だ。そのためアイデアが必要になると、大勢の人を集めて会議をするのが好きだ。ブレーンストーミングをやりたがるが、その正しい進め方と遵守すべきルール(例えば、提案されたアイデアをその場で批判しない)を知らずに、会議を進行してしまう。こうした人の決まり文句は、「何かいいアイデアはないかな?」だ。

(3)合議制や多数決で物事を決めようとする
プロジェクトの責任者や担当者が、しっかりとしたビジョンや自分なりの答えを持たずに仕事を進めるため、創造性を要求される場面になると、自身で判断できない。そこで大勢を集めた会議が開かれ、合議され、多数決で物事が決まる。また自身に結果責任が及ばないように、多数決を選ぶ場合もある。よくある責任回避だ。

こうしたプロセスを経ると、最初はユニークで魅力的な企画が、誰でも考えつく内容に変質してしまう。一つの答えに修練しようとする合議制や多数決では、創造的な解決策は生まれない。こうした人の決まり文句は、「今回の企画は、みなさんが賛成したこの案を採用します」だ。

(4)過去に経験した方法にこだわる
現在までに経験した仕事(その多くは作業だが)の方法や手順に慣れてしまい、新しい分野の仕事や、ゼロから立ち上げる新規事業になると、思考停止し、行動できない人材が存在する。営業部門でもルートセールスしか経験のない担当者は、新規顧客の開拓や新規ルートの深耕には二の足を踏む。こうした人の口ぐせは「やったことがないから、できません」だ。

次に、作業と仕事をしっかり区別し、社員が創意と工夫を持って仕事を進められる会社にするにはどうすればいいか。4つのポイントを紹介しよう。

次の記事に続きます。

個人間融資 経営の参謀で蘇るダメ社員(1)

今回の記事は「個人間融資 経営の参謀で蘇るダメ社員」です。

ウチの会社って、なんかパッとしないよね――。多くの会社では、社員も経営者も、他人事のように同じことを感じているのはないか。もちろん、業績がパッとしないのは経営者の責任だ。一見難題に思えるが、問題はそれほど複雑ではない。そもそも、シンプルな「仕事の基本」が社員に理解されていない、共有されていないだけかもしれない。

仕事の「答え」は、一つじゃない

家庭科のテストで「冷凍食品ばかりの食事で不足がちになるものは何でしょうか? 」という設問に、ある生徒が「愛情」と答えた。教師が想定した正答は「ビタミン類」だ。家庭科という判断基準では間違っていても、異なる視点から見ると、「愛情」という答えは正しい。小学校低学年の理科のテストで「氷が溶けたら何になるでしょうか?」という問いに、「春」と答えた女子生徒の話がかつて話題になった。理科の基準では不正解でも、国語の設問なら秀逸な答えだ。

業務にも似たような側面がある。マニュアル通りの答えが求められる「作業」なら、「ビタミン類」や「水」で正解だ。しかし、創意や工夫が求められる「仕事」なら、「愛情」や「春」という答えのほうが望ましい。実際の現場では、この2つを混同し、「仕事」においても決まった答えがあると勘違いしている人が少なくない。まずは、こうした勘違いが起きている会社の特徴を挙げよう。

次の記事に続きます。

個人間融資 ゆとり世代と戦うバイトリーダー(5)

今回は「個人間融資 ゆとり世代と戦うバイトリーダー」です。

「アルバイトリーダーの権限が大きすぎるのが最大の問題」

ベテランアルバイトと若手社員のトラブルは「以前より増えている」と解説するのは、これまでに数百社の人事や労務にまつわるトラブルに応じてきた特定社会保険労務士の稲好智子氏だ。

「アルバイトリーダーの権限が大きすぎるのが最大の問題です。特に、飲食業や接客業の現場ではアルバイトの業務範囲をきれいに線引きするのが難しい現状があります。トラブルが起きた場合、解決策は物理的に両者を引き離す人事異動しかありません。しかし、2つのケースのように上司に相談しても取り合ってくれないこともあります。あまりにも辛辣な発言があった場合は、録音するなどして記録を取らない限り、上は動いてくれないでしょう」

この問題は根深い。同じ大卒でも年代によって就職のしやすさが異なっているため、就職氷河期世代のバイトリーダーは苦労せずに採用された正社員を妬んでいる、そんなケースもあるのだという。

さらに両者の問題をこじらせるのが、2018年4月から本格的に始まる、“無期転換ルール”だ。「2013年よりアルバイトや正社員など、雇用形態を問わず同じ職場に5年以上勤務した場合、本人が希望すれば、会社は雇用し続けなければならないと法律が変わりました。極端な話、週1日勤務のスーパーのレジ打ちバイトでも、5年以上働いていた場合は5年1カ月目以降も会社は無期雇用しなくてはいけません」。

なぜ法律改正が行われたのか。

「労働者を守るためです。これまで、有期労働契約とはいいながらも、実態としては契約が何度も更新され長期にわたって雇用が継続されているケースが多く見られました。その場合であっても、会社側はある日突然被雇用者にクビを通告できてしまっていた。結果、訴訟トラブルになっても、被雇用者の多くは何もできずに泣き寝入りしてしまっているという実態があったのです。そのような問題を防ぐためや、雇われている側の不安を解消するために設けられたのがこのルールです」

平たくいえば、長く雇用された労働者を企業は簡単にクビにしてはいけないというルール改正だ。だがこのルール、早速問題を生み出していた。「ちょうど18年度末をもって通算契約期間5年となるアルバイトが急に雇い止めを通告されるというケースが増えています。無期転換権が行使される前に有期雇用者を全員雇い止めするという方針を出した会社もありました」と稲好氏。

今回の記事はこれで終了となります。

個人間融資 ゆとり世代と戦うバイトリーダー(4)

今回は「個人間融資 ゆとり世代と戦うバイトリーダー」です。

バイト中、副店長と殴り合いの喧嘩する事態に

それからは店内のオペレーションで食い違うことが増えてきたという。

「団体客を案内しなければいけない席に自分の判断で勝手に他の客を移動させるなど、とにかく判断ミスが多い。彼が起こしたトラブルのクレームは私が処理していました」

だが、一連の問題行動を注意するたび、副店長は伊藤さんに反論してきた。伊藤さんは店長に直談判し、彼を異動させるかクビにしてほしいと懇願したそうだ。この構造、前出の太田さんとは真逆のパターンだ。しかし、店長は社員である副店長を擁護する。結果、事態は最悪の展開を迎えた――。

「バイト中、副店長と殴り合いの喧嘩になってしまったことがあって。店長が止めに入りましたが、彼はその場で『もう帰ります』と言って立ち去ってしまった。職場放棄ですよ(笑)。副店長は『伊藤がいる限り俺はもう出勤しません』と店長にダダをこねてきたそうです。この騒動の翌日以降、店長からはしばらくはバイトに入らないように指示されました」

2週間の“謹慎”のあとも、喧嘩は続いた。ロッカールームで2人きりになると副店長は伊藤さんに何度もつっかかってきたのだ。

「彼は仕事ができないにもかかわらず、謹慎したのは私のほう。副店長の意見を優先したことを含め、正社員はいかに優遇されているかを思い知りました。現場を回しているのはこっちなのに、トラブルになると雇っている会社はこちらを守ってくれない」

ここで、当然の疑問が。太田さんのケースのように、そこまで仕事ができたのなら社員に登用したいという誘いもあったのでは?

伊藤さんも「何度も正社員登用を勧められましたが、すべて断りました。社員になれば業務量は増えるし、簡単に休みも取れなくなる」と説明する。有名私立大学卒業という学歴もあり「働くならばホワイトカラーの職場で働きたい」と思ったという。

その後、店は閉店。それと同時に伊藤さんは飲食業界とはまったく異なる広告業界に就職した。以来副店長とは会っていない。

次の記事に続きます。

個人間融資 ゆとり世代と戦うバイトリーダー(3)

今回は「個人間融資 ゆとり世代と戦うバイトリーダー」です。

忙しいのに副店長は “つめしぼ”を作っていた

太田さんとは真逆の立場からも言い分はある。現場を仕切るバイトリーダーとして長年飲食店で勤務していた男性は「新人として現場に入ってきた正社員とは衝突せざるをえない理由がある」と振り返る。

新宿駅前にある中堅規模のチェーン居酒屋で11年間アルバイトをしていた伊藤大輔さん(仮名・33歳)。平均して週に6日勤務した彼は「仕事ができない社員」の迷惑を被り続けていた1人だ。

「主な業務内容は調理以外の接客、会計、清掃など。ホールはすべて私がバイトリーダーとして仕切っていました。250人入る大規模店でしたが、2年で仕事は一通り覚えられます。しかし、私の数カ月後に入った正社員が本当に使えなくて……」

伊藤さんの職場は店長と副店長が正社員である以外は全員がアルバイト。伊藤さんは10人のアルバイトを束ねる立場で店長と副店長の次のポジションだったが、実質的には店長と副店長の間のポジションだった。

「最初の2年は互いに仕事を覚えたてということで副店長との間に問題は起きませんでした。しかし、次第に彼が使えないということがわかり、他のアルバイトにも迷惑をかけていたため、私が彼を注意せざるをえないことが増えてきました」

客席の多い居酒屋はとにかく席の回転率をあげなければならない。2時間で食事と飲み物のオーダーを終え、次の客を案内する必要があった。

だがこの副店長、バイトリーダーの伊藤さんから見ると「使えない」。

「ホールが大忙しのときに副店長はキッチンで“つめしぼ”(冷たいおしぼり)を作っていました。仕事の優先順位が間違っていると感じたので『忙しいのに何をしているのだ』と注意したのが最初でした」

次の記事に続きます。

個人間融資掲示板サイト
個人間融資掲示板サイト 個人間融資掲示板サイト 個人間融資掲示板サイト 個人間融資掲示板サイト 個人間融資掲示板サイト 個人間融資掲示板サイト
個人間融資掲示板サイト