個人間融資掲示板サイト

個人間融資 経営の参謀で蘇るダメ社員(1)

今回の記事は「個人間融資 経営の参謀で蘇るダメ社員」です。

ウチの会社って、なんかパッとしないよね――。多くの会社では、社員も経営者も、他人事のように同じことを感じているのはないか。もちろん、業績がパッとしないのは経営者の責任だ。一見難題に思えるが、問題はそれほど複雑ではない。そもそも、シンプルな「仕事の基本」が社員に理解されていない、共有されていないだけかもしれない。

仕事の「答え」は、一つじゃない

家庭科のテストで「冷凍食品ばかりの食事で不足がちになるものは何でしょうか? 」という設問に、ある生徒が「愛情」と答えた。教師が想定した正答は「ビタミン類」だ。家庭科という判断基準では間違っていても、異なる視点から見ると、「愛情」という答えは正しい。小学校低学年の理科のテストで「氷が溶けたら何になるでしょうか?」という問いに、「春」と答えた女子生徒の話がかつて話題になった。理科の基準では不正解でも、国語の設問なら秀逸な答えだ。

業務にも似たような側面がある。マニュアル通りの答えが求められる「作業」なら、「ビタミン類」や「水」で正解だ。しかし、創意や工夫が求められる「仕事」なら、「愛情」や「春」という答えのほうが望ましい。実際の現場では、この2つを混同し、「仕事」においても決まった答えがあると勘違いしている人が少なくない。まずは、こうした勘違いが起きている会社の特徴を挙げよう。

次の記事に続きます。

個人間融資掲示板サイト
個人間融資掲示板サイト 個人間融資掲示板サイト 個人間融資掲示板サイト 個人間融資掲示板サイト 個人間融資掲示板サイト 個人間融資掲示板サイト
個人間融資掲示板サイト